works

サイボウズ/そでらぼ

[ SODELAB ]

学校・保育・教育

  1. top
  2. works

さあ見て
みよう!

「チームビルディング」をWEBサイトを通して社会にアプローチ。

サイボウズはSocial Design Labo(通称そでらぼ)で様々な課題に取り組まれてきました。そこで生まれた疑問。 「なぜサイボウズが社会課題に取り組むの?他企業のアプローチと何が違うの?」その答えは、サイボウズの核となるサービスそのものにありました。チームで働くことが、楽しくなるサービスを提供するサイボウズのアプローチは、まさに「チームビルディング」がキーワードでした。

さあ見て
みよう!

クライアント
サイボウズ/そでらぼ [ SODELAB ]
業種
  • 学校・保育・教育
  • 公共・行政・団体
  • IT・WEBマガジン・制作会社
カテゴリ
URL

サイボウズらしい「社会課題へのアプローチ」の形を直感的に伝えたい!

近頃、企業が社会課題に取り組んでいるという話をよく耳にします。
本サイトも「サイボウズの社会課題解決への取り組み事例を紹介したい」というご相談から始まりました。
サイボウズはSocial Design Labo(通称そでらぼ)で様々な課題に取り組まれてきました。そこで生まれた疑問。 「なぜサイボウズが社会課題に取り組むの?他企業のアプローチと何が違うの?」その答えは、サイボウズの核となるサービスそのものにありました。チームで働くことが、楽しくなるサービスを提供するサイボウズのアプローチは、まさに「チームビルディング」がキーワードでした。

サイト閲覧者も、参加者になる

さらに単なる事例紹介に終わらせないために、それぞれの活動紹介の冒頭で投票できる仕組みを取り入れました。
「あなたはお住まいの地域に応援したい企業・事業者はいますか?」
と問われて自分の周りの人を思い浮かべた時、あなたもこの取り組みの一端に参加したことになります。
各事例は、背景となる社会情勢や目指す理想の姿など、しっかりとしたコンテンツで構成されていますが、そもそもの発端はそでらぼメンバーの「自分ごと」。本当に解決したい、変えたいという強い思いがあるからこそ、それに影響された人たちが集まり、協力し、活動が進んでいく様子が伝わるサイトになりました。

 

 

 

– トップページ

サイボウズ様の本サイトの雰囲気は踏襲しつつ、「SocialDesignLabそでらぼ」でのコンセプト「チームづくりで社会を応援する」をしっかりを伝えるために、各所にキーワードとなるメッセージや、個々・チームを連想させるイラストを配置しました。

 

 

– 派生ページ

派生ページは情報量が豊富だったため、固定のリズムにならないようにLPのようなメリハリのあるデザインに。各ページの情報に合わせて細やかな変更を入れることで、飽きのこないページに。

 

 

– 情報がパッと頭にはいる工夫

数字やワードが多い詳細情報も、イラストやアイコン、文字組みした数字を組みわせることにより、パッと見て伝わるような表現を意識しました。

ウゴウゴうごめく生き物が表すものは?

そでらぼの社会課題の取り組みは、
・地域でがんばる人を応援して、地域経済を活性化したい
・子育てや不登校を経験したメンバーで、もっとワクワクする学び場を作りたい
・災害時の情報伝達をスムーズに
・学校で働く人達がもっといきいき働くためには?
など多種多様。参加するメンバーの、年齢も属性も地域も様々です。会社員も行政職員も、子どもも障害者も、多様性に満ちた人たちがチームになって活動する様子が、パッと一目で伝わるようにと、制作のパートナーとしてお願いしたのが、漫画家&イラストレータの佐々木充彦さん。

不思議な生き物たちが、フニャフニャとうごめき、いつしか集まってチームが形を成すキービジュアルを見れば、そでらぼがどんな理念で活動を行っているのか、直感的にわかります。

 

 

クライアント
サイボウズ株式会社
ディレクション
竹田京司
プランナー・コピー・文章
浅野 佳子
イラスト制作
佐々木充彦
WEBデザイン
亀山真櫻
サイト構築
松髙泰市