works

こどもさんかく歯科

[ KODOMO CHILID DENTISTRY ]

病院・クリニック・医療

  1. top
  2. works

さあ見て
みよう!

「さいしょは、さんかく!」がみんなの合言葉。

成人の歯科医療が「1対1」の関係なのに対して、患児・歯科医療スタッフ・保護者間の「3者間」の相互関係・信頼関係でなりたっているのが、小児歯科の特徴。
「こどもさんかく歯科」は、この小児歯科の原点でもある“小児歯科治療の三角形”をしっかり見つめるために開業されたこども歯科です。

さあ見て
みよう!

クライアント
こどもさんかく歯科 [ KODOMO CHILID DENTISTRY ]
業種
  • 病院・クリニック・医療
カテゴリ
URL

制作へ向けてのストーリー

成人の歯科医療が「1対1」の関係なのに対して、患児・歯科医療スタッフ・保護者間の「3者間」の相互関係・信頼関係でなりたっているのが、小児歯科の特徴。
「こどもさんかく歯科」は、この小児歯科の原点でもある“小児歯科治療の三角形”を
しっかり見つめるために開業されたこども歯科です。

3者の関係をあらわすシンボルキャラクターがこちらの「さんかくちゃん」。
宮崎のアートディレクター・ウフラボさんが手がけた仕事とあって、
どこから見ても、ラブリーな子。いまにも、ピョコッと動き出しそう…。
世界観の軸となる「さいしょは、さんかく」の特設ページでは、
この「さんかくちゃん」を自由に遊ばせながら
“まずさいしょに知ってほしい大事なこと”を、
こどもに読み聞かせる紙芝居のようなイメージで展開しました。

制作がコロナ禍とあって、東京の院長先生ご夫婦とは、ほぼリモートでのやりとり。
だから撮影で東京に行って初めてお会いしたとき、
何だかとってもうれしかったことを覚えています。

 

「さいしょは、さんかく!」がみんなの合言葉。

院内で子どもたちは、どれだけ泣いても大きな声を出してもいい。
とにかく親ごさんたちの不安に寄り添いたい、負担を軽くしたいと何度も話されているのがとても印象的でした。
そんな院長のなつみ先生もまた2人のお子さんを抱えるおかあさんとして、
いつでも親子の味方でありたい、地域のホームドクターでありたいというまっすぐな思いをそのまま、テキストにこめました。

2021年春に開業した医院は、外観も、内観も、サイン関係も、そのカラフル&ハッピーな世界観がべらぼうに可愛い!
「小金井のこども歯科といえば」といわれる存在になっていかれるのだと思います。
(text by azusa fukunaga)

サイト内ではロゴマークにも登場する、「さんかくちゃん」たちがいろんなところで顔を見せてくれ、楽しくサイト内を案内してくれています。

こどもさんかく歯科のWEBサイトはこちら(https://kodomo-sankaku.jp/)

 

こどもさんかく歯科様がイメージされた「ありたい姿」

 

「親御さんが安心して通わせられる、こどものための “こども歯科”」

成人の歯科医療が「1対1」の関係なのに対して、患児・歯科医療スタッフ・保護者の「3者間」の相互関係・信頼関係


でなりたつのが小児歯科の特徴です。これは小児歯科学テキストの1Pめに載っているほど大切な理念(先生談)。


「こども さんかく歯科」は、この小児歯科の原点でもある“小児歯科治療の三角形”をしっかり見つめる医院を目指します。

 

3者の関係をあらわすキービジュアルに「さんかくちゃん」。医院名の頭には「こども」のフレーズを起用して分かりやすく。


「こども さんかく歯科」は、一般の歯科医院と異なり「こどもだけを診る」「こどものために」つくられた医院です。


こどもさんかく歯科では、小児歯科歯科専門医であるなつみ先生が3者の関係を一番に考え、明日の成長を応援する医療を提供します。

 

 

 

 

クライアント様の想いについて

 

「こどもの歯は出会いで変わる。」

一般歯科でも小児歯科を標榜できるものの、実は「小児歯科」は、非常に専門的な知識・専門機器を必要とする分野。

院長先生は、小児歯科専門医(小金市で唯一)であり、大学院でもキャリアを積んできた鈴木なつみ先生です。

大人もこどももリラックスして診療できる専門的で高度な医療を提供したいと「小児専門医院」の開業を決定しました。

 

※なつみ先生の三角形

▲(1)元気なこどもを診たい!

  • 地域の多くのこども(家族)を支える

…昔からこどもが好き
  • 手を動かす細かい作業が好き(職人気質)

 

▲(2)小児歯科専門医としての誇り

  • 「かかりつけ歯科医」として乳幼児期から思春期までの成長を見守る
  • 安心感と専門性を伝える

 

▲(3) 本当にやりたいことをやるために

  • 女性歯科医として長く歯科医を続ける
  • 母として「仕事と暮らし」を両立する
  • 地域医療に貢献する

 

 

 

 

Webサイトのコンセプトについて

 

合言葉は、「さいしょはさんかく」! 

初めての歯医者さんには、こどものための歯科医院「さんかく歯科」を選んでほしい。キミの歯、キミの健康、キミの明日を、ママとパパと先生が一緒に支えていく。 大きな口を開けて思い切り笑う、おいしいものをおいしく食べれる、定期的に検査をする… そんな当たり前で幸せな毎日を、「こども さんかく歯科」は見つめていきます。

3人が同じ方向を向き、信頼と安心を共有することで、のびのびと治療に専念できる環境と高度な医療を提案。


専門的でありながら親しみやすい医院であることを浸透させ、「小金井のこども歯科といえば」と言われる存在を目指します。

 

コンセプト「さいしょは、さんかく!」をwebサイトで表現するために、親子に親しみやすい「絵本風」モチーフ・デザインを全体に採用し、おしゃれで可愛い雰囲気をつくりました。親子がホッと心が和み、笑顔になるようなやさしい世界観(歯医者に行くことが楽しくなるような)を表現しています。

こどもさんかく歯科のWEBサイトはこちら(https://kodomo-sankaku.jp/)

 

クライアント
こどもさんかく歯科
ディレクション
竹田京司
プランナー・コピー・文章
福永あずさ
WEBデザイン
亀山真櫻
サイト構築・CMS構築
江藤覚
イラスト・ロゴ制作
平野由記
カメラマン
穴見春樹