works

平戸城CASTLESTAY

[ HIRADO CASTLE STAY ]

ホテル・旅館・ゲストハウス

  1. top
  2. works

さあ見て
みよう!

最も古いものが
最も新しいものに変わる。

1559年、平戸藩藩主・松浦鎮信(しげのぶ)によって築城された平戸城。
別名亀岡城とも呼ばれ、築城400年を経た現在もなお
城主、つまりお殿様が存在するめずらしい城です。
2020年冬。日本初の本格的な城泊プロジェクトが誕生しました。

さあ見て
みよう!

ひらけ、ひらどの物語。

長崎県平戸市にある、平戸城「キャッスルステイ」のwebサイトです。
日本初の本格的な城泊プロジェクトとして、全国的にも高い注目を集めました。
モンブランはディレクション・コピー開発・デザイン・ムービー撮影とWebサイトの軸部分を担当。
この仕事をきっかけに、長崎のデザイン会社「アルジュナ」チームとタッグを組んだ仕事も増えていきます。

2泊3日のロケハンでは平戸市の主要スポットをまわり、
島の伝統的歴史とそのすばらしいポテンシャルの虜になりました。
かつて日本初の貿易港として世界にひらかれた扉が、「城に泊まる」という新たな扉となって、私たちの前にまたひらかれたこと。
最も古かったものが、いまこの島で、最も新しいものに変わったこと。
九州の小さな島から “新しい風が吹く”ような体感ができることを、荘厳な世界観をもって表現しました。

平戸城の価値を再発見すること。
平戸の誇りを新発見すること。
平戸の人たちのしあわせと暮らしを一番に考えること。

web制作前にみんなで手がけた「グラレコ(グラフィックレコーディング)」は、
長い制作期間中、迷ったときの道しるべのような存在になってくれました。
(text by azusa fukunaga)

 

ブランドサイト制作

歴史ある町、平戸。
サイト内では新しく生まれ変わった気品ある平戸城の写真と、歴史溢れる平戸の風景写真を織りまぜ、平戸城の新旧の良さを混ぜ合わせた表現に。城泊の良さはもちろん、平戸全体の良さもユーザーに伝わるようなコンテンツ作りに取り組み、平戸の「長き良き歴史」とこれから吹く「新しい風」を感じれるデザインに仕上げました。

平戸城CASTLESTAYのWEBサイトはこちら(https://www.castlestay.jp/)

イメージムービー制作

サイト内でもファーストビューで使用しているイメージムービー。
いくつもあった「ユーザーに見せたい・伝えたいこと」を制作チームで厳選し1つのムービーに込めました。適切な時間に、適切な場所で撮影された1つ1つのシーンからは、平戸の「歴史」「自然」「食」すべてを感じれます。

クライアント
株式会社狼煙
プロデューサー・ロゴ・グラフィック制作
牛島樹世、笹田健一
ディレクション
竹田京司
プランナー・コピー・文章
福永あずさ
WEBデザイン
モンブラン
サイト構築・CMS構築
松髙泰市
動画制作
中川典彌
スチール撮影
アニマフォトグラフ