works

株式会社松下組

[ MATSUSHITA CORPORATION ]

建設・住宅・不動産

  1. top
  2. works

さあ見て
みよう!

数多ある建設会社と 「松下組」は、
何が、どうちがうのか。

そもそも建設業は、同業他社との差別化がむずかしい業種と言われています。
では、県南地域にある建設会社、熊本県内に数多ある建設会社と 「松下組」は、何が、どうちがうのか。
仕事内容ややりがいなどから、その差別化を比較してPRすることはいささか困難だと考えます。そこで今回大切にしたいのは、 リクルート獲得に重きをおいた「松下組」独自のオリジナルメッセージ。ロゴを改め、WEBサイトを一新。 そして、若者の心を動かす企業メッセージとともに、新しい舵を切ります。

さあ見て
みよう!

制作へ向けてのストーリー

ヒアリングに伺った際、松下社長に「建設業界のこれから」の話を聞かせてもらいました。地方でも「働き方改革」というフレーズが飛び交う中で、働くことと生活することのバランスをうまくとる「ワークライフバランス」という従来の考えではなく、働くことが生活することに自然と溶け込んでゆく「ワークインライフ」という新コンセプトを提案させてもらいました。サイト内に限らず、これからの会社の考え方としても大切にしてくださっており、とても嬉しかったです。

コーポレートサイトではありつつ、学生さん(リクルート)を意識したつくりを希望されていたので、「5年後、何してる?」をキャッチに掲げ、学生さんたちに問いを投げかけるコンテンツを提案。撮影は、芦北町で丸2日間かけて行い、さまざまな現場へ取材に行かせていただきました。土木と人、建築と人、住宅と人。モノづくりの現場には必ずプロフェッショナルな職人がいる。それでも、ひとつのプロジェクトの完成にはとてつもない時間と労力がかかります。多岐にわたるプロジェクトの中から2つをピックアップし、じっくり取材をさせていただいたことも印象深いです。

地元でのモノづくりを誇れるような、情緒的な写真とスタイリッシュなデザイン。想像力をかきたてられる「未来地図」は、入社後の5年の歩みと会社の5年間の歩みを人生ゲーム風に描きおろしたものです。

(text by azusa fukunaga)

コーポレートサイト

Work in Life. 「5年後なにしてる?」

トップページでは、メッセージと、架空の新入社員く男女>の“夢”が描かれた「人生ゲーム」をサイト上に表現。 ワークとライフのバランスをとりながら働く「ワークライフバランス」の考えではなく、「ライフ(人生)の要素のひとつにワークがある」というあたらしい考え方「Work in Life.」を表します。 (ワークのほかには、ファミリー、ホビー、コミュニティ、ラーニングなどがあります) 「人生ゲーム」のように一つひとつコマをすすめ、その出来事に喜び、驚き、感動しながら、松下組の社員として成長する自分の生き方、あらたにスタートする人生を期待させることがねらいです。

イラスト

松下組が、人生の一部になる

仕事は人生のすべてではない。でも、人生の一部にはなるかもしれない。 「松下組」がこれから挑戦していくのは、すべての社員が能動的に仕事をするたのしい会社。 やりたいことをあきらめない環境と、「まだ誰も見たことがない会社」に一緒に挑戦してくれる仲間を求めます。

ロゴ制作

パンフレット制作

その他制作物

イメージ写真

九州ADCアワード2021にて、
・コーポレートサイトがWEB部門大賞
・ロゴが九州ベスト9
に選ばれました。

クライアント
株式会社松下組
ディレクション
竹田京司
プランナー・コピー・文章
福永あずさ
WEBデザイン
モンブラン
サイト構築・CMS構築
松髙泰市
スチール撮影撮影
穴見春樹
ロゴデザイン、グラフィック関連
杉村武則
イラスト
アプアロット