ブログ Blog

2018.09.11

女子会したら知らない女性にすこぶる怒られた話

やぁ!野田だよ!

僕はキャラ的によく幹事をお願いされることが多いんだ!

 

沢山のお店に詳しくなるし、友達も増えるから

でも別に嫌いじゃないよ!

 

そんなある日の出来事を今日は書きたいと思います。

 

 

 

 

女子会の幹事をする。

 

モンブランではWHITEBASEっていうクリエイターの勉強会をしてるんだけど

そこでは同年代の女子クリエイターが沢山来てるんだ!

 

僕は、そんな同年代の子たちが繋がって友達になったらいいな〜と思って

繋げまくってたら

 

「飲み会したいね!」

 

っていう話になった。

 

でも、ボクは知ってるんだ。

飲み会したいね!の8割は開催されずに終わってしまうことに。

開催される飲み会の条件は2つ

 

①その場で幹事が決まること

②その後すぐに幹事が日程を決めること

 

それを知ってたボクは酔っ払っていたこともあり

 

「うっし!俺が幹事するわ!」

 

って言っちゃったんだな。

 

別にハーレム飲み会をしたかったわけじゃないよ!

 

でもボクの頭の中にふいに浮かんだイメージはこれだった。

 

 

 

 

 

女子会っぽいお店を予約、すっげぇ盛り上がる。

 

ボクはオシャレなお店を予約した。
女子かつクリエイターを満足させる店選びは幹事の腕の見せどころだ。

おかげで中々の盛り上がりだった。

熊本の女子クリエイターがこれだけ集まる飲み会っていうのも珍しいらしく

話が盛り上がる盛り上がる。

 

 

キラキラ女子に囲まれたウホウホ男子

表情が心なし固い。

 

 

 

もちろん一次会で終わるはずもなく

 

一次会も終わりに近づくと

 

「セカンドサイトのお店でスパークリングワインが20杯まで20円で飲めるらしいよ」

 

という情報を入手。

 

即、二次会の店が決定した。

 

なんと参加率100%

 

二次会のお店は30分待ちくらいだったけど

出店が出てて、

そこでビール買って、

みんなにアイスを奢った。

セカンドサイトさんは商売上手だ。

(後ろの店員さんがこいつハーレムかよ、みたいな顔で見てますね)

 

ぱくぱくアイスを食べるみんなを見てたら、娘が大きくなったらこんな感じになるんかなぁ〜と思った。

 

 

 

 

スパークリング地獄開幕

 

 

ここから先はとにかく

スパークリング!スパークリング!

 

ボクの脳内ではこれがずっとながれてたよ

そして何スパークしたか記憶が無くなった頃に

ボクは気づいた。

 

「あ、これ吐くわ」

 

そう、ボクほどの幹事になるとリバースの数分前に気づくことができるのだ。

そしてボクは誰にも気づかず高速リバースできる能力を身に着けている。

 

「ちょトットットイレいってくくくるくる」

 

そして一直線にトイレに向かった。

混雑した店内で華麗にトイレに向かう様はまるでメッシ。

 

トイレに入ったボクは、

ベテランの殺し屋の用に無駄の無い動きでリバースした。

数度に渡る羊の断末魔のようなリバース音のあと

 

ボクは何食わぬ顔でトイレから出た。

 

 

 

 

あれ?あっこさん?

 

僕がトイレから出ると、

知っている人が立っていた。

 

そう、よくお仕事を一緒にしているカメラマンのあっこさんだ。

なんだかニヤニヤしてこっちを見ている。

 

ボクの断末魔を聞かれたのかな?

ボクも恥ずかしくなってニヤニヤしてた。

 

あっこさんが話しかけてきた。

 

「ねぇお兄さん、めっちゃ吐いてたけどちゃんと拭きました?」

 

え?

 

あ、、、、、この人あっこさんじゃない!!!!

 

そう、ただのそっくりさんにニヤニヤしてしまったのだ

 

恥ずかしくなったボクは

 

「すみませぇ〜ん」

 

と小声でつぶやきトイレに戻って清掃した。

 

そして、トイレから出ると

まだあっこさん的な人が待っていた。

 

「いや、ちゃんと拭いてないでしょ?」

 

すごくSだ。

そう思いながらもトイレに戻って再度拭いた。

 

彼女はまだ待っていた。

 

「本当に綺麗になってます?」

 

一体何なんだ!大企業の監査みたいだ!

ボクは怖くなってしまって

 

「もう綺麗ですょ〜」

と小声でつぶやきなら脇をすり抜けて席に戻った。

 

その後、遠くの席からニヤニヤしながらボクを見る

あっこさん的な人に畏怖しながらボクは二次会で退散した。

 

女子会のメンバーはその後寿司をつまみにいったらしい。

女子はまじで元気がいい。

 

そしてボクは帰り道で知らないおじさんに絡まれて暴言を吐かれた。

暴言を吐きながらおじさんは路上で吐いた。

なんなんだよ。一体。

 

 

 

奇跡がおきる。

 

ボクは後日友人の結婚式の二次会で、カメラマンのあっこさんに会ったので

 

「セカンドサイトのお店にあっこさんにそっくりな人がいてめっちゃ怒られたっすよwww」

 

と言ったら

「え、それどこの店?」

 

「ジャ、ジャルディーノです」

 

「あ、それ私の妹だと思う(笑)」

 

ボクはまさかのあっこさんの妹に説教されるという奇跡を起こしたのでした。

あっこさんにラインを通じてごめんなさいしました。

 

いやはや熊本は狭い狭い。

みんなリバースは静かにキレイにするんだよ!

 

2018.09.11
コラム